スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入園2週目の生活

Kaz、入園2週目。

月曜からお弁当も始まりました!
食べる量も少ないし、キャラ弁作る気もないので、それほど大変じゃないはずなのですが・・・。
週に3回はオット実家で夕食を作って食べるため、前の晩の残りというものがあまりない。
ごはんも朝炊かないとない。
という状況で、さらに好き嫌いが多いので(野菜系)入れるものに苦労しています。
なんだか(わたしが)疲れて、昨日は夕食後、皿も洗わず寝てしまいました
見かねて洗ってくれたオット、ありがとう

さて、昨日は盛りだくさんなことが幼稚園であったらしく。
お迎えの時先生から報告がありました。

親指がテーピングされていた
「お友だちとピアノの蓋をあけしめしていて、蓋に指を挟まれました」

顔に3本くらいひっかき傷
「お友だちと遊んでいて、ヒートアップしてお顔をひっかかれました」

さらに
「お弁当箱を食べる前に落として、中のお芋が全部床に転がりました」
・・・個人的にはこれが一番ショック

先生「Kazくん、今日はたくさん悲しいことがあって泣いたんですが、幼稚園楽しいからまた来る、と言ってくれました」

まだ親と離れて泣いている子もいるだろうし、先生もいろいろな注意ごとやらトイレの誘導もしないといけないし、大変だろうなぁ~。
親としてはむしろ、「こちらこそ、お手数をおかけしてすみません」という気持ちです。
男の子って本当にいろいろやらかすなぁ~。

そして帰宅後。

Kazの水いぼがなかなか治まらず、3回目の水いぼ除去で皮膚科へ。
これを見るのが一番つらい~~
なかなか減らないので、つぶす以外の対策もやろうかな。
ハト麦茶とか、イソジン傷薬とか。

夜は久々のTE!
なんと、3.11震災以来です。

そんなこんなで盛りだくさんの火曜日。
明日はCFKで新宿へ行ってきま~す!
スポンサーサイト

入園しました!

※携帯から更新してます。

息子のKazがこの春、無事入園しました!

もともといろいろな習い事に連れ回したり、私が勉強会に出る間、集団保育に預けたりしていたせいか、入園式でも毎日の通園でも、泣くことなく楽しそうに園に入って行きます。
ま、親としては振り返って「行ってきます」ぐらい言って欲しいところですが

今日からお弁当も始まり、さすがに疲れたのか、帰宅後おやつを食べると昼寝。

大地震以来、英語の取り組みもなかなかできませんでしたが、(TEもサボり中)今週からペースを戻して行きたいなと思っています。

東日本大震災で思ったこと

東日本大震災。
今も懸命に救助活動が行われているところですので、被災地の方々の一人でも多くの救出を祈りつつ、私は募金や節電に努めたいと思っています。

地震が起こった日。
わたしはKazと午前中、自転車でちょっと遠いところまで外出し、帰宅して家にいたところでした。
なので、強い揺れが長く続き、家がミシミシ言い出した時は、ダイニングテーブルの下に子どもと潜り込み、じっとしていました。

隣の部屋の壁際の棚からは、地震でなくても落ちて当然の、オットがつめこんだ書類がバサバサと落ちたりもしましたが(いまだに片付ける気がないのはどういうことだ)、家具のほとんどが突っ張り棒で固定していたので、棚ごと倒れるというような惨事にはなりませんでした。

その後は電話が通じないので、Twitterやmixiで友人の安否確認。
実家の両親は電車がとまって病院に足止めをくいましたが、帰れなくても病院で泊まれるし、実際は病院の車に同乗させてもらい夜に帰宅したとのこと。
兄弟は会社に宿泊し帰宅。
秋田の遠い親戚も避難したとの情報。

私は阪神大震災も大阪で体験したので、しばらくたってから(気を使って数日待ってくれたらしい)関西の友達からメールで声をかけてくれたのも嬉しかった。

今回はたまたま(珍しく)自宅にいたので大丈夫でしたが、子連れで遠出していたらと思うと。。。
お友達ママも子連れで隣の区に外出中地震があり、自宅に帰れたのが夜の21:30だったとのこと。

そういえば、Kazが乳児のころは、出先で何かあった場合にと近場でも常にお湯とミルクなどを持参していました。
それがいつからか軽装になってしまい。。
外出中におやつを持ち歩くのも(外で食べさせるのがイヤなので)していませんでしたが、これからは非常食になりそうなものを少し持ち歩こうと思っています。

あとは非常袋の点検と、街中で起こったときの対処法の再確認を。
今回、東北では津波が脅威となりましたが、東京の街中ではビル、ガラス、車による危険、人が大勢いるところで起こるパニック、大火災が問題となるかと思いますので。

それと、都内スーパーで大量に買いだめする人たち・・・。
被災地では少ない物資を譲り合っているというのに、都内でそんなことでどうする。落ち着こうよ。
本当に足りなくて困っている人だっているのに。
トイレットペーパー(←うち)とか米(←義実家)とか。

今週は当然と言えば当然ですが、Kazの習い事もすべて休み。
楽しみにしていたCAの最後のレッスンもお休みです。
それにしても、地震直後にWFからレッスン中止のメールが届き、素早い対応にビックリしました。
ホームページにもお知らせが掲載されていますので、参考まで。
http://world-family.co.jp/dwe/

プレ幼稚園、終了!

昨年5月から参加していたプレ幼稚園が、今日最終日を迎えました。

110121.jpg
↑なかよしトリオ。金魚とメダカを見るために、ポジション争い


毎回20組ほどの親子が集まり、工作や粘土やプール、すいか割り、お話し会、ボディ・ペインディング、お菓子&ピザ作り、新聞紙で衣裳づくり・・・などなど、たくさんのことをしてきました。
20組も集まると、本当にいろいろな個性の子どもがあつまることになり、元気な子、ママにべったりの子、泣き虫の子、ちょっと乱暴な子、おしゃべりな子・・・それから下の兄弟も来るし、お母さんの接し方もそれぞれで、それはもう勉強になりました!
とくに、よそのうちの子どもに対するお母さんの接し方が、みんなすごく良くって。

子どもは親だけに育てられるのではないのだな~と実感。

この幼稚園はプレに入ったからと言って入園の選考にはまったく関係ないので、どうしてもプレに参加しないと!という感じではありません。(でもプレに入ること自体、競争率高い)
現に、近所の友達も「プレに入るなら、そのお金と時間でほかのおけいこごとをする」と言っていたし。。

確かにプレに入っていないからって、焦る必要もないのですが、わたしは約一年間参加して、本当に良かったと思っています。

なんせ、幼稚園を内部からみることができる!
先生の対応がわかる!
お友達もできる!
そして、入園したらやるであろう遊びを、実際親子で体験することができて、“入園したら親は見られない子どもの姿”を垣間見ることができるのが良かった!


そういう意味でも、親子分離より、親子一緒のプレだったのが良かったなぁ。
入園したら、どのみち親子離れるんだもんね。

うちのKazは、本を読む時間以外は、お友だちと走り回ったり、部屋から脱走したり、じっとしていない子どもでしたが、木工と料理の時はすごーく真剣だったのが意外。

それから、今日、幼稚園に行く前の会話はちょっとかわいかったです。

Kaz「(突然)ママと離れるの?」
わたし「え?なんの話?」
Kaz「今日、ママと離れるの?」
(「幼稚園に行ったらママと離れてひとりで行くんだよ」と、じぃじたちによく言われていたのが気になっていたらしい)
わたし「・・・ママと離れたいの?」
Kaz「ちがう!!離れたくないよ~~

・・・ま、実際行ったら、あっさり離れるとは思うんだけどね

と、最終日の今日は、宿題の手作り絵本を持って行って披露する日だったのですが・・・
作り始めたの、今朝からです(爆

夏休みの宿題は31日にするタイプ・・・ではなかったハズなんだけど。仕事がいろいろ忙しくて(言い訳)。
でもなんとか発表が終わり、かなり気が楽になりました。

たくさんお友達もできたし、先着順の願書提出の際は連絡をとりあって連帯感が生まれたし、一部の人たちは別の幼稚園に行ったりもするので、たかがプレ幼稚園最終日なのに、卒園するみたいな感慨が・・・。
今からそんなんで、どうするんだ私

つぎは、幼稚園の手作りグッズの準備!
これは得意分野じゃないので、説明会を受けたら早く始めないとなぁ~~

3歳児健診、行ってきました。

今日はKazの3歳児健診に行ってきました。

健診を受ける行政センターが、これまた家から不便なところにあり、電動自転車購入前はそりゃもう憂鬱になるほどでした。(かなり歩いてバス停へ→ノンステップじゃないバスが来る=ベビーカー不便→バスを降りてからもかなり歩く

が、今回、電動自転車を買って初めての健診なので、晴れてさえいれば軽~く15分ほどで着けてしまうのです

12時受付開始で、13時から健診開始。
12時ぴったりに着いたわたしたちは整理券19番。
その後近くの公園で45分遊び倒して時間をつぶし、健診へ。

いろいろさくさく進んで、わたしの健診もついでに受けて、歯科健診も受けて、健康相談も受けて、終了。

でも、終わったの14時近く・・・。つ、つかれたっ

体重、身長は平均ど真ん中。小さい方かと思ったら、それほどでもないみたい。
発育もOK。虫歯もナシで、良く磨けているとのこと。

ちょっと気になる、Kazの偏食ぶり(野菜をほとんど食べない、果物全く食べない)を、念のため相談してみたところ、
「食べず嫌いということで、かなりの慎重派(>あたってる)だから、なかなか大変だが、根気よく、少しずつ食べさせて、ステップアップさせてください」
とのことでした。

第一子はわりとこういう慎重派が多いらしい。

逆に、第二子以降は好奇心旺盛で、とりあえず食べてみるものの、次からは気に入らないと出したりするので、いちがいにどちらがいいってこともなさそう。

とにかく、食べないからと言って皿にのせないのは×。
少しずつ慣れさせてみて~~ということでした。


最後に保健士さんからKazに「少しずつお野菜も食べてね、約束ね」と指切りをしてくれて。
その直後の食事ではKazも「お兄ちゃんだから、コーンも食べられる!」と言って3粒位たべてました
(食べるたびにえづくのはやめてくれ・・・)

食事については、いつかは食べてくれるだろうと、それほど真剣に悩んでいるわけでもないんですが(オイ!)、結構適切なアドバイスをいただけて、やっぱり少しでも不安があれば相談してみるもんだなーと思いました。


あと。
3歳までに受けられる歯科の受診券をもらっていたのを、すっかり忘れていました
これから受けられる分は忘れないようにしよう。。。
まとめて数年分渡されてもなぁ。

ともかく、とりあえずはこれでひと安心、です。
来年からは、幼稚園での健診になるのね~~
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

Mrs.bean

Author:Mrs.bean
中学でフランス語を履修してしまったばっかりに、英語を習ったことがなく、聞き取り・しゃべり全然ダメ!!のMrs.beanが、子どもと一緒に英語を身につけたい☆
そんな毎日の記録です。

★Mrs.bean:
基本的な英語力ゼロ!のKazママ
★Kaz:
2007年10月生まれの男の子。肉食系。

いま何歳?
カテゴリ
最近読んだ本・おすすめDVD
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。